• nqc29548

『元祖大師御法語 前篇・後篇(西光院版)』 (2022年)

更新日:6月14日



 大正4年(1915)に総本山知恩院が発行した法然上人の御法語集で、教えの要点を抽出したもの。法話の題材に選ぶなど、教師・檀信徒に最も親しまれており、重要な役割を果たしている。

 西光院では、平成22年(2010)から6年間、前・後篇の都合62章に対し、住職が独自に語句調べ・現代語訳を施したプリントを月参り・年忌などの機会を中心に拝読してきた。

 それらを一冊にまとめたものである。


 希望者には、印刷実費1,000円と送料をご負担頂いて送ることができる。

閲覧数:20回0件のコメント